menu

QRスタンプウォークラリーのユーザー登録はこちら! pan_tool_alt
直方市 健康ポイント事業

「QRスタンプウォークラリー」は、2023年11月30日をもちまして
終了とさせていただきました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

(株) もち吉

「米よし、水よし、技もよし」で、おなじみ。

このフレーズ、ほとんどの直方市民がテレビCMで聞いたことがあるのではないでしょうか。もち吉さんは、昭和4年(1929年)に前身である森田製菓として創業した、80年以上の歴史を持つ米菓製造の企業です。現在は全国に200を超える店舗を展開しています。

もち吉さんのバリエーション豊富なあられやせんべいは、普段おやつとして食べるのはもちろん、贈答用としても人気があります。近年は、甘辛く味付けした油揚げに餅が入った「いなりあげもち」も好評。月額制で季節の米菓が毎月届く「もち吉のサブスク」を展開するなど、次々と新しいことに挑戦する姿勢もうかがえます。

最良の素材と、最高の技術で。

長くCMでも使われてきた冒頭のフレーズは、もち吉さんの企業アイデンティティである「餅を愛し 餅一筋に生きる」をより具体的に表現したものと言えます。 最良の素材を使う。そのためには、技術も最高でなければならないという姿勢が、創業以来脈々と受け継がれてきたのです。

米…例えば「餅のおまつり」に使ううるち米は、コシヒカリです。ご飯として炊いても美味しい特級米を、惜しみなく原料に用います。

水…工場から間近に仰ぎ見る福智山山系の湧き水を使用しています。林野庁の「水源の森百選」にも選ばれており、ミネラルバランスのとれた良質な軟水が、素材本来の美味しさを引き出しています。

技…最新鋭の機械を導入しながらも、常に人間の五感を基本においています。原料である米は“生き物”です。だから、吸水の加減、生地の締まりやきめ、伸び具合など、毎日、一枚一枚に職人が厳しい目を光らせています。

SNSで全国的に話題になった「もちだんご村」

もち吉さんの本社所在地は「福岡県直方市下境2400番地 字餅米 もちだんご村 餅乃神社前」です。知らない人からすると確かに困惑してしまいそうな地名ですよね。こちらはもちろん、正式な住所。創業者である前社長が「お客様の記憶に残るように」と郵便局に表記の許可をもらい、昭和62年頃から使用しているそうです。

自然豊かなこの地にはもち吉さんの本店があり、焼きたてのあられやせんべいを試食・購入できます。さらに現在は近くに「もちだんご村MALL」なるショッピングモールができ、さまざまな店舗が続々とオープンしています。新しいもちだんご村に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

社名 株式会社もち吉(グループ)
創業 昭和4年9月1日
設立 昭和58年3月
資本金 1億円
役員
代表取締役社長
森田 恵子
常務取締役
村上 秀樹
取締役
森田 鈴子
取締役
中野 孝二
取締役
川端 宣智
監査役
森田 清美
執行役員
中島 則裕
執行役員
吉田 靖明
執行役員
加耒 秀幸
売上高 226億円(令和5年2月)
従業員数 2,317名
所在地 福岡県直方市下境2400番地 字餅米 もちだんご村 餅乃神社前
直営店 228店舗(令和5年2月末現在)本店含む
取引銀行 西日本シティ銀行 直方支店
福岡銀行 直方支店
三井住友銀行 北九州支店
日本政策金融公庫 北九州支店
北九州銀行 北九州本部
事業内容

米菓の製造と販売(直営店・通信販売)

◆うるち米を主原料とする「せんべい」、もち米を主原料とする「あられ」等の米菓及び豆腐・生菓子の製造販売
◆飲料水(ペットボトル・バックインボックス)の販売及び店舗にての給水販売
◆お米(自社精米)など
◆酒類(乙類焼酎)の販売

グループ会社 株式会社 森田あられ(製造部門)
森田製菓 有限会社(不動産管理部門)
株式会社 えくぼ屋(製造委託部門)
関連会社 株式会社 もち吉エージェンシー(広告代理業)
主要取引先 JA全農
凸版印刷株式会社
三幸商事株式会社
株式会社九州博報堂
ダイヤモンド秀巧社印刷株式会社

企業Webサイトはこちら ad_group

他の協賛企業も見る